二人  

 

「今日はありがとう。会えてうれしかったよ。」

「いや、俺が会いたかったから行っただけだよ。」

「嬉しくて泣いちゃってごめんね。今どの辺?」

「もうすぐ郡山駅だよ。」

「じゃあ帰るまで起きて待ってる。」

 

「ちゃんと帰るから大丈夫。寝ていいよ?」

「全然眠くないし、声が聞きたいの。」

「それなら先に化粧を落としてきたら?」

「めんどくさいからあとでいい。。。」

「そういうとこも嫌いじゃないけど。」

 

「あー、もう仕事嫌だなぁ。」

「68番ください。」

「68番って何?」

「あ、ごめんごめん。今、コンビニでタバコ買ってたわ。(笑)」

 

「(笑)じゃあもうすぐお家に着くんだね。よかった。」

「心配しすぎだよ。もう今、歩いてる。」

「本当に今日はありがとうね。うれしかった!」

「しつこいな。(笑)家に着いたよ。」

「おかえり!」

「ただいま。」

 

「明日は何時に起きるの?」

「そうだなぁ。8時くらいかな?」

「わかった!じゃあ起こしてあげる。」

「よく言うぜ。この前寝坊したくせに。(笑)まぁ、でも頼んでおくよ。おやすみ。」

「おやすみ。大好き。」

「...」

「大好き!!」

「わかってる。(笑)ちゃんと聞こえてるよ。俺もまぁ大好きだよ。」