幼なじみ

 

ねぇ もっとちゃんとしてよネクタイが曲がってるよ

親みたいに今日も僕をコーディネートしてくれた君はいう「遅刻しちゃうよ」

 

同級生に聞かれた 二人は付き合っているの?

「そんなんじゃない僕らはただの幼なじみ」それを聞いて君は目を赤くして泣いた

 

あの日は風がすごく強くて誇りでも入ったんだろうって

僕は恥ずかしくて一人その場を後にした

 

あの日の翌日から君は家に来なくて今日も渋々自分でコーディネートを始める

毎朝僕はこういう「もうこんな時間か」

 

一人で登校してから忘れ物が占いも今日何位かわからないしなんか嫌だ

初めて抱く気持ち声が聞きたいな

 

学校の前で君を見つけて久しぶりに声かけようと

思ったけど君はあいつと手を繋いで笑ってた

 

君が当たり前のようにいつも僕の隣にいてくれた事が

幸せだったって真実に気づくのはもう少し後のこと

ずっと続いてた日常がたった一言で崩れるなんて

あの日の僕は分からずにただ君を傷つけていたんだろうな

 

そう言えば僕に初めて彼女が出来たとき君は怒ってて

どうしてかさっぱり分からなかったな

でも今の僕の気持ちとあの日の君の気持ちがリンクする

やっと気付けたんだこれは恋なんだ

 

生まれて初めて君を呼び出し胸の中の気持ちを吐き出した

君は嬉しいと泣き出した 僕の初恋は実ったんだ

 

でももう遅いの私にはもう大切な人がいるから

その言葉の意味を分からずに僕はただ君を見つめていた

夏を告げる風が頬を叩く 君の涙が乾いていく

 

本当に大好きだったよ 君はそんな言葉を

僕の耳において笑って走り出す

始まりもしなかった恋が終わった