「我、無力なり。故に、哀れなり。」

 

へい、ルフィ 今なら君の気持ちが

痛いほどわかるよ

へい、ルフィ 大切なものを守れない

男なんてダサいよな

 

あの時、俺に金があれば

あの時、俺に力があれば

あの日々は今でも続いていたかな?

そんな事を考えてまた朝になる

 

ボロボロの壁紙も、調律が狂ったピアノも

キリンの自販機も、和式トイレも

タバコ臭くて男臭い客室も

音漏れがひどい0スタも、鏡が割れている1スタも

何一つ、俺は守れなかったな

我、無力なり。故に、哀れなり。

 

もう、無理なんて言葉は吐けないから

今日もまた身体に

鞭打ってひたすら働いてる

止まるのが怖いや

 

ダラけてたくせに、なめてたくせに

都合よく被害者を演じていたくせに

でもこれだけは、ちゃんと言えるよ

俺が生まれて初めて愛せた場所だよ

 

すぐバグを起こすスロットも、ノイズだらけのマーシャルも

変な匂いのおしぼりも、まずい水も

740円のクソみたいな時給も

いつも空いていた2スタも、いつも使ってた3スタも

お前を怒って、褒めて、笑った

4スタももう、この世にはないんだな

 

ボロボロのこの身体で、俺はまだ今日を生きている

頭痛や鼻血を愛しはじめた

俺はあの頃よりも少しだけ強いぜ

こんな不器用な俺の事、愛してくれたあの場所を

いつの日かまた俺が取り返したいけど

まだ、無力なり 今はそれでいい