検索
  • 奥野涼

「椿の花」




あなたは「あなたの事が好きなあたし」が好きだった。



だから、あたしは「あなたの好きなあたし」であり続けた。



それ以外のあたしを、あなたは必要としていなかった。



とても苦しかった。



それでも、あなたの横にいられる幸せを、一欠片も失いたくなかった。



色んな感情に蓋をして、耳を塞ぎ、目を瞑った。



自らを盲目にする事で、なんとかやり過ごした日々だった。




1日の「いい日」「悪い日」という基準が、全てあなたで決まるような日々だった。





あなた以外何もいらないと、心から思えた。





全ては「過去」の話。

未来は前にあり、過去は後ろにあるのだ。




きっと、いつ振り返ろうとずっと同じ温度で、あなたの事を思い出す。




そんな恋だった。

生まれて初めて、人を愛した日々だった。




そんなお話を少し。






「あなたに恋していたあたし」

にあたしは今、恋をしているのかもしれない。




特に今、不幸を感じているわけではない。



仕事も、恋も、「それなりに」ちゃんと自分の中にあって、家族も元気で、友達も何人かはいて。



所謂、普通の人生を送っている。




あの時、何度も「死のう」と思ったあたしが、今生きている。



笑う事もある。



あなたの声を聞かなくても、夜も眠れるようになった。



これが俗に言う

「前に進んだ」と言う事なのだろうか。




きっと、違うと思う。




あなたの事や、あの日の事を思い出して、まだ涙が出るのは

「忘れられていない」からだ。

「進めていない」からだ。



あたしは馬鹿じゃない。

もう、あの日のようにあなたと共に過ごす日々は、二度と来ない事をちゃんとわかっている。



それでも、ふと、いや、割と頻繁に思い出すのだ。

忘れるつもりも、忘れるはずもないのだ。




あなたを思う気持ちは、それくらい大きなものだった。

はずだ。





さよならしてからは、地獄のような日々を過ごしていた。

毎日毎日、泣いていた。



でも、そんな地獄の中にも、時たま光が差すこともあった。



もちろん、泣いている最中は辛くて悲しくて、苦しいのだが、泣けば泣くほど、それほどあなたの事が大好きだったんだと再確認が出来た。



とても、嬉しくて誇らしい気持ちになった。





ご飯が食べれなくなった。




あたしにとって、食べるという事はとても大切な業務で、おそらく人よりも食べないといけない人なのだ。



そんなあたしが、げっそりと痩せた。



そしてまた、それだけあなたが大切だったんだと再確認出来た。



その二つのうっすらとした光を、抱きしめながら過ごした日々だった。




あなたの匂いが好きだった。



少し甘い匂いのする、洗剤の香りと、タバコの匂いが混じり合った、決して綺麗な香りではない匂い。



あなたが忘れていったマフラーを顔に当てながら、よく電話を繋いだまま眠った。



電話の向こうで、タバコをスーッと吐く息が、とてもあたしを落ち着かせた。






たった一度だけ、寂しくて苦しくてたまらない夜に、あなたに電話をかけた。



あなたは何度も謝ってくれた。



気を使って、色んな話をしてくれた。



だけど、どれもこれもあたしが欲しい言葉じゃなかった。





最後の夜、子供のように泣きじゃくったくせに、こんな事を言うのもなんだけど。



最後の最後まで、あたしは「良い子」だったと思う。



だからこそ、思う。


もしあの時、もっともっとぐずって、嫌だと叫んで、あなたの手にしがみついていたら。



あたしは「あなた」と、どんな未来を泳いでいたのだろう。



たまに喧嘩をしたりしながら、それでもやっぱり幸せだったのだろうか。



それとも、「本当のあたし」を見せた時、あなたに

「いらない。」

と捨てられてしまったのだろうか。



あたしは、あなたが思うようなあたしではなかった。



だからこそ、思い出すのだ。

きっと、潜在的に、自らの意思で。



あなたはどう思っているのかわからないけど、あたしはいつでも会いたいと思っている。



「おいで。」

と手を広げられたら、何もかもを捨て、飛び込んでいってしまうだろう。




そんな「最低のあたし」に愛されたあなたは、幸せだったんだろうか。



そんな事を聞ける勇気なんてないな。



でも、いつか聞けたらいいな。



「愛してはいけない」

なんて事はないのだ。



あたしは、きっと死ぬまであなたを愛し続けるのだろう。


どうせそうなんだ。あたしは。

15回の閲覧