top of page

「椿の花」




あなたは「あなたの事が好きなあたし」が好きだった。



だから、あたしは「あなたの好きなあたし」であり続けた。



それ以外のあたしを、あなたは必要としていなかった。



とても苦しかった。



それでも、あなたの横にいられる幸せを、一欠片も失いたくなかった。



色んな感情に蓋をして、耳を塞ぎ、目を瞑った。



自らを盲目にする事で、なんとかやり過ごした日々だった。




1日の「いい日」「悪い日」という基準が、全てあなたで決まるような日々だった。





あなた以外何もいらないと、心から思えた。





全ては「過去」の話。

未来は前にあり、過去は後ろにあるのだ。




きっと、いつ振り返ろうとずっと同じ温度で、あなたの事を思い出す。




そんな恋だった。

生まれて初めて、人を愛した日々だった。




そんなお話を少し。






「あなたに恋していたあたし」

にあたしは今、