検索
  • 奥野涼

7/16

同じ言葉を並べて、前後に違う文脈を組むととても面白い。



自分の曲で言えば

「さよならと言う言葉とさよなら出来ればいいのにな」

みたいなね。



使い方次第で、一つの言葉の意味が無限に広がる。

こういうのがあるから、作詞や文を書くことはやめれないんすよね。




個人的に好きなのは

SHINGO☆西成さんの

「アホなこと言うな。アホに向かって。」

です。




どうも。

夢の甲子園で5回8失点、5タコに終わる最悪な夢を見た奥野涼です。





仕事の曲が通る時の快感は、いつまで経っても幸せです。



みなさんで言う、プロジェクトとプレゼンが通った感じですかね。

しかもその後の作業を、うちの信頼するひびちゃんに依頼して、一緒に作れる事がまた嬉しい。




こうやって自分にきたチャンスを、数少ない仲間にパスして全員でゴールを決めれる事がとにかく幸せです。



もっともっと頑張って、「評価されるべき音楽家」達にパスを出せるように精進しやす。





最近一食生活にして走ってるせいか、めちゃくちゃ身体が軽い。

亀仙人の修行の甲羅を外した感じ。



もっともっとシャープに。

今日も走るぞ。


たまに走りながらシャドーボクシングしたら、めちゃくちゃしんどくて後悔するので、おすすめしません。








惜しくも昨日、潰えてしまった

「一人焼肉」の夢ですが。

どうやら僕の中ではまだ消えていません。




今朝起きて、一番初めに思ったのが

「ロース喰いてえ!!」

でした。



なんかちょっとやばい気がしますね。





なんだって、一人で出来る人が好きだ。



というか、逆に言えば

「一人じゃ何もできないやつが嫌い」なのかもしれない。



俺は専門時代から、なんならバンド時代も割と一人でいたけど、寂しさの向こう側にある自由に気付いて以降、一人が最強だと思ってる。




休日。





まず約束してないので、起きる時間自由。

はい神。あざす。





昼飯。

自分の食いたいものを食べれる。

はいゴッド。あたます。




思い立った買い物。

本当に見たいものを見に行ける。

はい矢沢。ありさりす。





などなど。

とにかく誰かに気を使ったりしなくていいだけで、とても心は自由になる。




みなさまもたまには一人っきりで過ごしてみてはいかがでしょうか。




それでは。










あー。

遊園地行って居酒屋行ってボウリングいってカラオケいきてー。





みんなで。


0回の閲覧