top of page

0339








優しい猛毒に侵されたような。

悲しい抱擁に包まれたような。



どれだけ、カッコつけて形容しようとも、今の気持ちに当てはまる言葉はなかった。



ただ、ひたすらに

「悲しい。」のだ。



「当たり前にあるもの」

ほど

「当たり前になくなる」のだ。





これは、悲しいさよならのお話。


あくまで、普遍的な別れの話。


とても退屈で、窮屈な終わりの話。






もう、どれほど時を遡れば、出会った頃の話になるだろうか。



振り返った時、

「とてもフワフワとした出会いだった。」


という僕と、


「とても衝撃的な出会いだった。」

という君。



同じ「出会った1日」の事を、僕らは振り返った時に、正反対の言葉を吐き出す。



そもそも、その時点で僕らは「合わなかった」のかもしれない。




食べ物の趣味も、まるで違う。

好きな季節も、夏と、冬。

育ちも、良いと、悪い。

背も、高いと、低い。