top of page

Not to late

音楽で革命を起こす気なんてサラサラなくて。

これは「諦め」ではなく、「戦略」だ。

自分のパワーをどこに消費していくか、と言う話。

良い音楽を作る事は当たり前。

自分は良い音楽を作れる人だと、なんの迷いもなく、胸を張って言える。

絶対に良い音楽なんだ。俺の音楽は。

あとはどうやって広めて、届けていくか。

その為に、ノズルを変えているところです。

今までは、ジャー!!っと一本の水を出していたけど、そのノズルをシャワーに変えていかないといけない。

あらゆる固定観念を壊して、挑戦するべきだ。

良い音楽をやってるという絶対的な自信がなくて、今後も「それ」を手にするビジョンが見えない人は、大至急辞めるべきだ。

どれだけ迷っても、絶対に帰ってくる場所は「自信」でなければならないと思う。







どうも。

外はカリッと、中はふわふわの奥野涼です。






いきなり真面目な話をして、すみませんね。



今、自分の中で色々やろうと思ってるので、それが溢れただけなので、お気になさらず。




先日、コンサルティングの話をしてね。

僕は頭の悪い方ではなくて、理解力はある方なんですよ。

しかも話してくれた人の説明が素晴らしく、全ての話がとても興味深く、色々考えさせられました。




僕らは

「自分を売る」

というビジネスをしなければならない。




ビジネスといってしまうと、どうしても銭ゲバ感が出てしまうがそうではなくて。



「自分の音楽」をどう売って、何に変換するか。



そこには無限の可能性と、正解があり、とても考えるのが楽しい。



というか

「考える事」に全ての答えがあると思う。