top of page

prayer

【会員限定】

甲子園に出てる選手を「年上のすごいお兄ちゃん達」と思わなくなり、早12年。

時の流れについて行けず、急に泣きそうになる30歳。

どうも。

奥野涼気味な人です。



本当にたった今、デビュー前のKIDSを彷彿させるような、とてもとてもカッコいい曲が出来ました。

あの頃のテイストに、しっかり今の技術を詰め込んだ曲です。



改めて、自分の原点はこのサウンドだと再確認出来ました。


それもこれも、色んな事にチャレンジしたおかげ。

そのチャレンジを「させてくれた」人に、とても今、感謝をしている所存であります。


楽しみにしといてください。





さて、今日は

「戦争」について、僕の考えをお話しさせてもらおうかと。




8月6日。

毎年、僕らは黙祷をする。




1945年、広島に落とされた原子力爆弾。

その被害に遭われた、先人の方々、そして今なお、後遺症で苦しんでいる人々に向けて。



なんの罪もない人々の命を、一瞬にして奪い去った核兵器。



何度考えても、胸が痛い。



かといって落としたアメリカを憎む事は僕は全くありません。



おそらく、落とさざるを得ない状況だったんではないでしょうか。



お互い、命を張って、戦い、争っているのだから。



もちろんアメリカの人々、それ以外の国の人々、そして広島以外でも各地域で、犠牲者はたくさんいると思います。


故に、何を恨めばいいのかがわからず、ただただ悲しい。



僕らに出来ることと言えば、二度と同じ過ちを起こさない事です。